ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
世のうちそと

 地球温暖化の罪

浜名湖に毒タコが出た。ピアノの材料入手が難かしくなって値上がりする。キリマンジャロの雪がここ20年で半減した。これらの異変はみな地球温暖化に原因があるといわれる。地球上で異常気象が起きているためだ。つまり地球は、深刻な局面に陥っているということ。
どの時代でもそれぞれの課題があり、それを解くことによって人類は進歩してきた。でも今世紀はこれまでとは違う。地球温暖化のリスクは地球を壊滅状態にするのだ。温暖化という暖かみのある言葉のせいか、いい意味を思い浮かべやすい。が、実はそうではない。受け売りだが温暖化がやっかいな理由をいくつか挙げて見よう。
第1は「世界中で戦争が増える」ことだ。70年前に第二次世界大戦が終わり、日本は敗戦国となった。無条件で降伏した。領土も今の形に落ち着いた。それにもかかわらず「北方領土はわが国固有の領土だ」と60年間、世間に訴え続けてきた。でもままならない。三度目となる世界戦争が始め今度は日本が勝って領土を取り戻せばいいのかと言えば、それも現実的ではない。
いまや戦争のやり方そのものが変わってしまった。沖縄には未だ米軍基地がある。米国トランプ大統領は相応の軍事費を負担しろと発言している。様変わりは避けられない。今の時世に海兵隊もなにもあったものではないのではないか。空中を核兵器が飛び交う時代である。再び悪夢は起こりえない。戦争は起こらないとみんな信じている。それでも戦争はやってくる。その証明に今でも世界の地域で紛争が続いている。温暖化は戦争を誘発している。
2番目は「眠っていた未知の病原体が目覚める」こと。世界は未知の病魔に席巻されることになる。3位は「人間が太りやすい体質になる」ということ。現代のように減量しても間に合わないはず。かなりの大問題である。4位は「生物が小さくなる」こと。寒い国よりも暑い国の人たちの方がガタイは小さい。熱さから脳を護ろうとするために小粒になる。みんな身長150センチ程度ともなれば江戸時代に逆戻りだ。みな栄養失調症となる。5位は「食べ物がまずくなる」こと。ことに美食家にとっては大問題。食べ物が不味くなると人生の楽しみも半減しよう。
このように温暖化のリスクを並べて行けばキリがない。このようなリスクを並べ立てる学者にとっては、もはや温暖化はこれから先も避けられないことと断じている。人類だけでなく生きとし生きるものみんな住む場所を失い滅亡する羽目になる。
新しい年を迎えても希望に満ちた年がやって来ないとすれば人類は何という馬鹿なことをしているのかと思う。

コラム

( 2017/02/02 )

前のページ ( 2 / 99 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved