ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 お茶 絶景 ゴールデン旬日

 今ゴールデンウィークのゴールデンタイムはどのようなイメージだろうか。5月2日は88夜である。季節は初夏、若葉が輝きを増す季節だ。自然が満喫できる場所へと人は向かう。
「天空のお茶の間」が話題だ。標高350辰了慨嵒堯∪轍県両河内を訪ねた。富士山と駿河湾、早朝なら雲海を眼下に広がる絶景の中にある。地元産のお茶を飲みながら時間を楽しむ趣向だ。日本一の茶どころ静岡県の茶畑の真ん中に設けられたテラスで地元産のお茶を味わう。遠くに富士山と駿河湾。まさに絶景ポイントである。絶景だけではない。茶畑の真ん中に設けられたテラスで、地場でとれたお茶を味わえる体験プログラムであることだ。緑茶となれば、コーヒー紅茶に圧されて専門店はほとんど知らない。むしろ寿司屋や和食店でもサービスで提供される。無料という決まりが身についてしまっている。なんとか緑茶復権の狼煙として期待したいところだ。
 静岡のお茶は徳川家康が推奨して大いに広がった。今も全国で40%のシェアを誇る全国一の茶どころである。だが、最近は老舗の問屋が倒産するなど決して明るい話題だけではない。「天空のお茶の間」推奨も、生産者が何とか打開したいとの思いの表れに違いない。行くと予約した当日は、前夜からの雨で中止となった。屋外でのイベントは雨に祟られると万事休すである。ゴールデンウィークと言えば、もともとは話題の映画を楽しむためのゴールデンの意味だった。日本人はそれで満足していたのだ。
最近は10日も休みが続くので、コロナ禍といわれてもやはりどこぞに出かけたくなる。緑や花の美しい季節なので郊外の自然のある所へ足をのばすのがいい。景色がよければ」もっといい市民の気持ちも多様化している。。

( 2022/05/25 )

前のページ ( 9 / 100 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved