ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 桃太郎はどこにいる?

 ロシア軍のウクライナ侵攻から1か月が過ぎた。休戦にはいたっていない。この戦争について書くとき「本稿執筆日、時点」を記す必要に迫られることになった。どなたもこの戦争が終わることを祈っている。本来なら、戦争に反対の意思表示をしたいところだ。気持ちとは裏腹に義勇兵に応じるどころか義援金の1円とて送ってはいない。ウクライナの人に言わせると「同情するなら金をくれ」と言ったところだろうか。
これほど悪逆非道の限りを尽くしているプーチンの評判が世界中で地に堕ちているというように思う。
 ウクライナ戦争に関する情報があまりにも多大なために、判断は容易ではない。プーチンが、あれほどの判断を下したのは、それなりの理由があるのではないか。ウクライナ側、アメリカの陰謀も潜んでいるのではないのか、と考えた。
 おとぎ話に「桃太郎」がある。桃から生まれた男の子は、大きくなって鬼ヶ島に鬼の征伐に行く。犬、サル、キジにキビ団子を挙げただけで仲間に引き入れ、鬼どもをやっつける。そして金、銀、財宝を山と積んで、おじいさん、おばあさんのもとへ帰るのだ。めでたし、めでたし、といった内容だ、でも何がめでたいのだろうか。
 鬼ヶ島の鬼たちは平和に暮らしているだけだ。なのに、桃太郎たちは勝手に乗り込んでいって征伐する。何か変ではないだろうか。これでは、桃太郎組がプーチン軍である。ウクライナの人たちが、かわいそうな鬼となる。
 それであっても、プーチンの手法は許すことはできない。多くの民間人が犠牲になっている。生物・化学兵器をぶち込んでいる。狂気の沙汰というしかない。どうひいき目に見ても断罪されるべき人物ということだ。

( 2022/04/07 )

( 1 / 100 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved