ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 巨大台風19号ハギリスと歯ぎしり

大型で猛烈な台風19号が、三連休に日本列島に接近するらしい。暴風雨が来る。恐れがあるという。
15、17、18といずれも三連休を狙い撃ち。大人も子供も休みは楽しみなもの。それが奪われている。家で台風情報をウオッチしているしかない。 
 台風は毎年やってくる。気象庁は発生の瞬間から時々刻々情報を流してくれる。至れり尽くせりなのは有難いが「来るぞ、来るぞ」と身構えていると、あっさり、逸れてしまったと告げられるとホッとすると同時に残念な気持ちにもなる。
 マンションでの生活は堅牢で、窓ガラスは市の広報車の避難勧告も聞こえない。シャットアウトする。避難する方が危ない。
ところが弱点もある。築30年ともなると屋上から水漏れがはげしい。
強風は電信柱をなぎ倒して、街路樹も根こそぎ横倒しにする。家屋被害だけでなく、街を停電に追い込む。家々の屋根をひっくり返して、温室のビニールハウスを丸裸にする。映像を見せられると痛々しい。千葉県内では・9月の台風15号の傷跡は生々しく今も電気が普及していない箇所もあるという。
台風となると大風が問題とされるが、それにもまして、雨には適わない。古いマンションは雨漏りが避けられない。屋上から漏れた雨が階下の天井を伝って階下に不意注いだのである。
そこから美しいドラマが生まれた。同じ階の独身の二人が、あらしの夜に身を寄せ合って一つ部屋にお泊りすることになったのである。ともに80代で身寄りのない二人は布団を並べて敷いて、手を繋いで眠っていたとの噂が広がった。噂を聞きつけた人は老いらくの恋を賛美した。雨にも風にも負けないモノは見つけたのである。愛に勝る物語はない。おばあさんは突然綺麗になり、おじいさんの曲がっていた古紙も少し伸びたというはなしがまことひそやかにひろがった。台風もあながち捨てたものではない。

( 2019/10/18 )

( 1 / 86 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved