ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 GWの憂鬱

今年のゴールデンウイークはなんともしまらなく終わった。せっかくの青葉の季節が台無しである。テレビではTOKIOの山口達也さん。46歳の話題で終わった。未成年の強制わいせつの疑いで書類送検された。結果は所属のジャニーズ事務所から契約解除された。
むなしくない事があろうか。山口元メンバーの過去の映像や音声は消され、何事もなかったこのように世の中は動いている。本人は心療内科の専門病院で生活を送っている。
山口さんが事件を起こしたのは2月。この間、容疑者、メンバー、呼び捨て、さんづけとめまぐるしく変わった。言ってみれば、未成年者が無免許運転し、その上酒を飲んでいた。問答無用、アウトである。ただ、アイドル有名人が引き起した騒動とは言え、テレビ、新聞、週刊誌、ネット情報が総動員され加熱報道されるニュースなのだろうか。はなはだ疑問である。
 最初は5人のメンバーは一蓮托生の仲間であり、ならば解散というのが筋。なぜなら山口さんの行為は絶対に許されるべきではないとみんなして糾弾していた。アイドルとして性的な不祥事は致命傷。山口さんが土下座しようが、過ちへの反省、被害者への償い、損害賠償話。山口さんを除く4人での公開記者会見、いずれも涙を禁じ得ないほどの友情物語に終始した。だが解散はなかった。むしろ4人は力を合わせて再出発を誓ったのだ。むろん先の進む道は厳しいだろうが一件落着。台無しとなったゴールデンウイークも少しは報われたであろうか。でもここで「めでたし、めでたし」といった気持になれないのはどうした事だろうか。

( 2018/05/15 )

前のページ ( 3 / 74 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved