ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 卯月のサクラ

日本のサクラが全滅の危機が叫ばれて久しい。すでに7年前から、伐り倒すしかない。カミキリムシが猛威を振るっているというのだ。そうなれば、春の味わいも大きく変わっていくに違いない。伊豆の河津さくらも人気がある。それが今年は少し劣化した姿に見えた。町では経済効果300億円。この観光資源を失うのは大変な痛手だろう。
川ぞいに一直線に咲き誇る景観がいいのであって、今度は街中に四舛離汽ラ道を作るといっても時間も足りない。ましてや観光客が大勢やってくるには課題が多過ぎる。
 巨大危機と言えば列島を襲う異常気象があげられる。深刻化する地球温暖化は未知の気象災害の恐怖を伴う。局地的豪雨、爆雷による山火事も激増している。サクラの危機は気象災害の恐怖だけでなく虫もまた油断ならないのだ。青梅の梅も虫のせいだった。これもほとんどの木が伐採の憂き目にあったのだ。あらゆる世界で油断はできない。
 世界で起きている出来事は今の先に環境が激変したときに、どうすべきかを教えてはくれない。自分の欲しいものが何なのか説明できないし、イメージもできない。復活をみないうちに、正常な思想が消えないうちに人類は壊滅すると言った方がいいのか。何に向き合って生きるのか。
 春になれば、桜前線が話題となり花見の記事が溢れる。いまや中国人は日本で花見をすることに日本人が想像する以上に憧れているらしい。それで大挙して花見見物にやってくる。サクラの原産地はどこだという論議も盛んだ。「世界三大サクラの都」と称される武漢大学の呉さんは「野生のサクラは人類誕生以前に今の朝鮮半島から日本列島に拡散しており、「どの国が起源」と論じるのは野暮であること、現代的な「栽培用サクラ」は日本に源があると述べている。
 さくらの起源を尋ねることはさほど大事なことではない。

( 2018/04/15 )

前のページ ( 4 / 74 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved