ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 如月の話

如月の由来は、寒さが厳しく、着物の上にさらに重ねて着るので「衣更着」が転化したともいわれる。それにしても寒気が厳しい今年の2月だ。インフルエンザも猛威を振るっている。
節分が過ぎたのに早春の寒空の下で健気に群れ咲く節分草も今年は見ていない。ウグイスの初音も聞いていない。暦の上では春となる立春も過ぎて、春風に氷が解け始める声を聞いても水の中に、魚の姿は見えない。
旧暦でいえば16日は元日である。なら15日は大みそかということになる。旧暦のほうが仕事のけじめもついていまも日本人の身体になじむような気持ちがしてならない。
暦は人々の生活時間に沿ってゆくのがいいように思われる。
「はる」とは万物が「発(は)る」草木の芽が「張る」、田畑を「墾(は)る」、気候が「晴る」からなどの意からといわれるらしい。春の色は青、いまでいう緑色とされる。色に願いや思いがこめられている。色は自然と同じ。日本の四季は豊かだからそこに住まう人達はとても恵まれている。四季折々の色を自然から頂くのがいい。近道を急いではいけない。時間を短縮してはいけない。自然の風に寄り添い、雨をいとわず、坂や谷を異空間と考えず、時間を短縮してはいけない。
緑は生命の色なのである。
季節は足早にすぎてゆき、生き物は陽光とぬくもりを求めて、求愛のダンスを踊る。旧暦の新年を迎えるまでは大寒もあるのでじっと布団の中にれば暖房費もかからず、肌と肌の触れ合いでどうしても女房と重なることになる。となれば、子ども誕生の確率は強まる。少しは少子化問題の解決につながりを持とうというものだ。
 ここまで読まれた方は何とも辛抱強い方に違いない。なぜならこの程度の薀蓄はグーグルをググってみればすぐにわかることだからである。

( 2018/02/15 )

前のページ ( 6 / 71 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved