ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 カズオ・イシグロVS. 石黒一雄

 石黒一雄さんなら日本に同姓同名の方もいらっしゃると思うがイシグロ・カズオさんとくれば今年のノーベル文学賞に輝いた日本人である。
川端康成、大江健三郎氏に続いての快挙である。イシグロ・カズオさんは長崎に生まれた1960年、5歳の時、両親とともに英国に移り住んだ。本来なら祖国を2つ持つといってもいい。でも日本国はそれを認めない。このため英国籍である。作品も英語で書く。だからペンネームもカズオ・イシグロとなる。
 ノーベル賞を受けたせいもあって増刷がなされ、多くの作品が書店に並び始めた。
英国では最高の文学賞とされる1983年のブッカー賞を受けた。邦題にひかれ「日の名残り」を手にした。
 主人に仕える執事の話である。日本なら秘書か下男といった役どころだ。下男となれば今では差別用語に近いのではないか。その反対に女性は、当初は下女と呼ばれたものの時を得て女中と昇格し、いまはお手伝いさんとなった。男は下男のままでもはや絶滅危惧種である。
 新しいスマホを手にしたら、画面上をヒツジの執事がちょこちょこと歩いて何か用事を頼むと「私の理解を越えます」「聞き取れません」とあまり役に立たない。ただインターネット万能の世の中ではコンピュータ世界では機器ロボットが人に代わってご主人様の用事をこなすということになっていく。
 ただし、機械の執事は主人に仕えたなら、裏切ることはありはしないが生身の人間の方はそうもいかない。執事としての人生の核心は主人に誠心誠意仕えることだった。でも人間は機械ではなくて感情を持つから一筋縄ではいかない。

( 2017/11/15 )

前のページ ( 8 / 74 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved