ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 漏れました

 のっけから穢いコトバで申しわけありません。小学生の「うんこ漢字ドリル」が220万部を超える大ヒットしているらしいです。小学生6年間で学習する漢字を「うんこ」とからめて、笑いながら学ぼうというものらしいです。こどもは排泄といったコトバに反応して喜ぶ習性がありますからね。
「えんこ」は幼児語で、尻を床につけ、両足を前に投げ出して坐ること。この状態ではなかなか前に進めません。このことから、乗り物が動かなくなったりしたときに使います。
 ウンコとエンコは1字違いですが、意味は別です。与太者が使う「エンコ」は「公園」の逆語。東京の浅草公園を「エンコ」と呼ぶのはよく知られていますね。彼らは逆語をよく使い、「ノガミ」は「上野」、「バシン」は「新橋」といった風。最近タレントが「美味い」を「マイウー」といって視聴者に受けてますが。言葉は変転するのです。
 年をとると男なら道端の外れで放尿はできますが、女性はどうでしょうか。食堂やイベント会場などで女子トイレには長い行列ができます。大丈夫なのでしょうか。我慢強いのは女性のようです。
 小ならともかく大をもよおした場合の処理はどうするのがいいのか。意見の分かれるところです。
 旅先の田舎の1本道、バス停で待ってます。昨夜の宴会での食べ合わせが災難の始まりです。
 急に腹の調子が悪くなり歩く度に肛門でピー音が出るのです。こりゃあ漏れるかもと焦ります。すでに便意は限界にあるのです。それを括約筋を信じて我慢します。ドッカン。ダメでした。緩んだ肛門から温かいものがズボンを通して足に流れていきます。万事休すです。
人目を気にしながらも大きな木の陰に分け入り、びしょびしょのズボンを脱ぎます。パンツはそこで脱ぎ捨てます。そしてその場所で用を足すのです。再びズボンを穿くしかありません。とても気持ちが悪いです。
バスが来ました。ソロリソロリとステップを踏んで乗り込みます。乗客に怨みなどないのにしかめっ面です。臭いが気になってしかたがないのです。我知らず乗客を睨んでいる自分も不憫です。
 ようやく駅に着きました。トイレに直行です。便器に座り力んでみました。出るものナシ。ようやくホッとしてソロリソロリとズボンをあげていきます。違和感がありました。少し重いのです。おそるおそる確認するとベルトの間にうんこが鎮座しているではありませんか。思わず声も洩らしてしまいました。「こんな所に隠れ潜んでいやがって。このうんこやろう」と。うんこを叱っても反応なし、臭いだけです。鼻は利かないわが身が恨めしい体験でした。年を召された方はお気をつけ下さい。

( 2017/10/15 )

前のページ ( 3 / 71 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved