ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 母+の日に

今日5月14日は「母の日」である。「父の日」もあるけれど母は最強である。世の識者も揃って論じている。永六輔さんは、著書『夫と妻』の中で「元はみんな女、受精して8週間はみなさん女、男乳首はその名残」と書いた
山藤章二さんは「この世に妻より偉いものは居ない。絶対に逆らってはいけない。気がつくまでに30年かかる。論戦に意味はない。勝ち目のない戦いは無意味」だとおっしゃる
福岡伸一さんは「胎児は全員女性型として出発し、受精後7週目からY染色体を持った受精卵は徐々に男性化する」と具体的だ
聖書にはイブはアダムの脇腹の骨から誕生したとある。本当は逆なのではないか
果たして、男、女という考え方は絶対とは言えなくなる時がそこまで来ている。性別証明から出生性が消える日も近い。女に生まれると長命であるし、「父の日」よりは祝ってもらえる。生命の原初に戻って、みな女性になる時が来た

ただしこれで、世の中メデタシと行くわけでもなかろう。セクハラ、パワハラが止み、いじめが消失するわけではな。むしろ新たな課題が噴出するはず。男女の境界が無くなっても、人は必ず老いる
かつて美人だった人が老いてしわくちゃめちゃくになる姿を目撃するのは悲しいものである。でもそれは生き物の宿命だ

母の日の夜の晩餐での家族の会話。
女の娘は「生まれ変わったらダラスカーボイズのチアリーダーになりたーい」と叫ぶ。すると孫の一人息子は「おいらは大リーガーでピッチャーになる」という。

子どもたちの話を黙って聞いていた母は「私は優しくてハンサムな
旦那様が欲しい」と宣った。やっぱりこの世では男と女が自然な形で存在しているのが平和で自然なようである。

( 2017/05/15 )

( 1 / 57 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved