ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 終着駅、消える

 12月に入っての1週は増毛駅が消えるというニュースが全国を駆け巡った。NHKはじめ、各新聞社も
こぞって大きく報じた。日本海沿いを走り、歴史を刻んできたJR留萌線(留萌―増毛間、16.7)が5日、95年の歴史に幕を下ろしたのだ。ラストランとなった前日4日は、大勢の鉄道ファンが乗り込み、町民ら1,000人が別れを惜しんだ。お別れセレモニーでは、「てっちゃんを自認する」堀町長が「最後に立ち会うのは非常に寂しくつらい」と声を震わせた。増毛町のマスコットキャラクターはカモメのマーシー君。ぬいぐるみももらい泣きしたという。増毛はアイヌ語でカモメが多いという意味。カモメの群れの波下にはニシンの群泳があった
春3月ともなれば、ニシンは大漁で町は活況を呈した。その繁栄ぶりは「増毛の春は江戸にもない」とうたわれたそうな。昭和20年代後半にニシンの大群は消えた。それでも繁栄の片りんは町の名前に留まっている。 
今では髪の毛の聖地というほうが有名だ。
増毛町の市街は水の街である。山から流れてくる伏流水の恩恵を受けて町は水が縦横に走っている。疏水に囲まれた街であり、北の小京都とも呼ばれている。
休日ともなれば、札幌、旭川といった都市から自家用車がたくさんやってくる。日本最北端の酒造、りんご生産北限の地、なんだってある。
今は鉄道が無くなることで脚光を浴びた。
。2014年のデータでは100円を稼ぐために経費は4,554円かかる。年間約1億6,000万円の赤字を計上していた。経営経済がだめになればすべては絵空事になる。みな背に腹は代えられぬという。

「さいはての駅に降り立ち雪明かり寂しき町にあゆみいりにき」啄木の和歌で電車が無くなれば、足をおろす場所もない。
北の果ての終着駅となれば、とかく流れ者がながれ着く暗い街のイメージだと思う。高倉健さんの番外地のイメージも徐々にではあるが、ロケ地としての思い出も薄まっていくに違いない。が、終着駅を返上したこれからは、生き生きとした昔の街に蘇りをはかりたい。なぜこんなコラムを書いているのか。この町はわたしが10代まで住んだ懐かしの街」だから、わかれのあいさつのつもりで書いた。だれにでも故郷はあるものだから。

( 2016/12/15 )

前のページ ( 6 / 57 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved