ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 自然の暴威には勝てない

 自然の暴威には人類は勝てないのではないか、時々そう考える。自然と人間の対立は終わらないどころかむしろ強まるのではないか。「あれはいつのことだったのか」と考えるが明確ではない。幼 い時の記憶なので無理もない。昭和29年(1954年)9月26日の深夜のこと。関西方面を日本海に通過する台風15号の暴威の記憶.

台風北上とともに強大となり、東北から北海道に上陸した。午前2時瞬間最大風速49辰魑録した。幼心にもショックな出来事だった故に今も記憶にあるのだろう。避難するにも、強風で家の外に出ることもできない。「赤ん坊の頭ほどの海辺の石は飛び、浜に係留されていた磯舟は木の葉のごとく流された。」と新聞は記した。嵐が吹き荒れる中小学生低学年の子どもたちは、一所に身を寄せあって大人の指示を待った

 それよりも頻繁にトイレへ行く。前立腺肥大でもないのに。子供たちの司令塔の姉は、「万一台風が家の中を吹き抜けたときは、手をつないで一緒に逃げ込むのよ」と少し離れた防空壕もどきの場所を指す。午後5時ごろに風も弱まり、朝がきた.

ともあれ、大災害の報を聞くと、思い出はそこに行き着く。大地震となればもっと怖いはずだ。それでなくとも最近は地震が多い。不安を持つ人はたくさんいるはずだ。南関東では最高警戒レベルにあると提言する人もいる。でも実際どう備えたらいいかわからない
町内会から配られた非常袋元に置いてはいる。備食乾パン缶はつぶれ、非常用ローソクは折れ、ポケットラジオは壊れていた。とにかくいつやってくかわからない大災害に対しては、その場しのぎで立ち向かうしかないだろうというのが正直な感想と言ったところだ。間もなく天気予報と同じように正確な地震予報も出る時代がくる。それまで寝て待とう。

( 2016/08/15 )

前のページ ( 10 / 57 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved