ランドスケープ・造園業界情報はインタラクション
新聞・出版事業 展示会・イベント事業 ランドスケープ・造園業界の環境イベントと展示見本市はインタラクション
サイトマップ
環境緑化新聞・インタラクションの出版物
環境緑化新聞
環境緑化新聞について
誌面サンプルイメージ
環境緑化新聞35年のあゆみ
環境緑化新聞 緑風
エッセイ「世のうちそと」
ご購読お申し込み
弊社出版物
定期出版物
刊行書籍
映像関連商品
ご注文について
ご注文リストを見る
特定商品取引法に関する記載
緑風

 グーグルに勝利する猛者はだれ?

Google社の社員は無料サービスに満ちている。楽しい、やりがいがある。市場は自ら創るとの心構えで今日の成功を勝ち得た。アドワーズ広告は5兆円を超え、トヨタ自動車の半分強、テレビ広告は二倍。完全に日本市場を攻略、制覇した。

既存の産業が壊滅的な打撃を受けている。家から何歩とナンボが基本だ。コンビニ毎日利用する、クリーニング店も週1は使う。郵便局週3、銀行週1、ヤマト便は週1.書店回り毎日1度、喫茶店も毎日、居酒屋週3回、百円ショップ時おり、銭湯週5、病院と薬屋月1度、スポーツクラブ週1そして散髪月11回。これだけ身近にあるなら日々の生活に不足はない。グーグル社にはこれらを完備している。しかも無料。

インターネットは世界を変えた大発明となった。また20年足らずで ユーチューブは世界の動画事情を変えた。ツイッターはグーグルを打ちのめすことができるか。グーグルは人の頭を征服した。バーバーは人の頭をキレイにする。グーグルは頭までキレイに出来ない。顔を剃り 鼻毛を切り、耳の中の掃除もしてくれる。これも情報機器でしかないグーグルには出来ない相談だ

本物の情報伝達という点でもバーバーが勝っている。横丁の隠居。
が亡くなった、向こう隣の娘が結婚するが結婚前に赤ちゃんがお腹に入っているとか、より具体的に、解説付で明かされる。街場の床屋の情報はリアリティーがある。グーグルほか最新の情報は生きた情報ではない。よってバーバーはグーグルに勝っている(無料ではないがね)。

( 2015/06/11 )

前のページ ( 3 / 100 ) 次のページ
ページの先頭に戻る
 
 
定期出版物ご紹介
環境緑化新聞
自然環境データBOOK
ECO-GREENTECH2007
LANDSCAPE&GREENERY
刊行書籍一覧
近刊書籍のご案内
環境ブックセンター
イベント・セミナー案内
ECO-GREENTECH
日比谷公園ガーデニングショー
主催・開催セミナー
 

環境緑化新聞 | 定期出版物 | 刊行書籍 | 映像関連商品 | 日比谷公園ガーデニングショー | エコ・グリーンテック | サイトマップ
会社概要 | 中国市場事業支援活動 | 社会貢献活動・NPO活動 | みどり提言賞のあゆみ | 環境緑化海外視察ツアー | バイオ-ステイク

copyright (c) Interaction Co., Ltd. All Right Reserved